Amazonギフト券の現金化行為は違法?

Amazonギフト券の現金化は比較的安全

 

クレジットカード現金化の分野で現れた新しい現金化方法、Amazonギフト券の現金化

 

入金スピードも速く、手続きも簡単なことから好んで利用される方も多い現金化方法です。
ふと疑問に思うところは法律に触れているのかどうかというところ・・・

 

気になりませんか?

 

そんなAmazonギフト券の現金化が法律に触れているかどうかをお答えしていきたいと思います!

 

Amazonギフト券の種類は数種類あります。
その中で現金化をする際によく利用されるのが、EメールタイプのAmazonギフト券となります。

 

このEメールタイプのAmazonギフト券は物としての購入ではなく、電子マネーとしての購入になります。

 

一般的に町中にある金券ショップやチケットショップは古物営業法により都道府県の公安委員会による古物商の許可が必要になります。

 

しかし、EメールタイプのAmazonギフト券の現金化方法はメールで送られてくるコードのみで『物ではない』為、古物商法に当てはまりません。

 

なのでEメールタイプのAmazonギフト券現金化は違法と言えない現金化となる訳です。

 

Amazonギフト券の現金化は違法ではないが・・・

Amazonギフト券の現金化は比較的安全

 

説明させていただいたとおり、Amazonギフト券の現金化は違法とはかけ離れている現金化となっています。

 

しかし、法律に触れていないというだけでAmazonの利用規約やクレジットカードの利用規約にも違反していないとは限りません

 

Amazonの利用規約、クレジットカードの利用規約は違反していないのでしょうか?

 

そちらも見ていきましょう。

 

Amazonの利用規約には触れているのだろうか?

規約に触れているのだろうか

 

Amazonギフト券の現金化は、実はAmazonの利用規約に違反しています。

 

Amazonでは、『ギフト券の再販売もしくは、その他対価をもって譲り渡すこと、換金をすること、他のアカウントで使用すること』は禁止しています。

 

つまり、Amazonギフト券を現金化する為に購入し売るという行為は禁止されているのです。

 

しかし、Amazonギフト券はAmazonの商品の1つです。
現金化目的であろうと、購入すればAmazonの利益となります。

 

更には巡り巡ってAmazonの商品を買う為に使われる物なので、Amazon側にはなんの損も発生しません。
それどころか、Amazonからすれば利益しか生まれていないでしょう。

 

では、なぜAmazonは利用規約で禁止しているのか?

 

ギフト券の現金化は必ずトラブルが起こるものです。
そういったトラブルを良しとしておくのは会社としても世間的に印象が悪い物、見つけたら裁かなければいけないという事です。

 

裏を返せば報告されない限り目をつぶっているいうようにも取れますね。

 

クレジットカードの利用規約には触れているのだろうか?

規約に触れているのだろうか

 

カードのショッピング枠を現金化目的の為に利用することはカードの規約で禁止されています。

 

Amazonギフト券現金化の場合はカードのショッピング枠でギフト券を購入し、購入したギフト券を売って現金を得るという方法です。
これではカードの利用規約に違反してしまいカードが利用停止になる可能性が高くなってしまいます

 

しかしEメールタイプのAmazonギフト券は特殊で、クレジットカードでしか購入ができないギフトカードです。
なのでクレジットカードの利用停止になりにくいのです。

 

クレジットカードでしか購入できない物をクレジットカードで購入するのは当然の事。
カード会社も判断に困り現金化の為に購入したとしてもクレジットカードが利用停止になる確率は低くなります

 

Amazonギフト券の現金化は比較的安全

Amazonギフト券の現金化は比較的安全

多くの方に好まれているAmazonギフト券の現金化は比較的安全な現金化ということがわかりました。

 

入金スピードも速く、換金率も高い傾向のAmazonギフト券の現金化ですが業者によってはギフトコードを聞いて現金を振り込まないなどのトラブルも多いようです。
こちらにAmazonギフト券の詐欺に関して詳しくまとめた記事がありますので、是非ともご覧下さい。
詐欺に悪用されるアマゾンギフト券

 

便利だからこそ、落とし穴が存在するものです。

 

現金化業者を選ぶ際には十分に注意しましょう。

サイト更新日/2017/09/29