アマゾンギフト券買取についての注意点

アマゾンギフト券の注意点
街の金券ショップにいらなくなった商品券を売りに行く時には特に何かに注意することはありませんが、アマゾンギフト券の買い取りサービスを初めて利用される方には注意すべき点がないというわけではありません。
金券ショップというのは実際に店舗を構え、古物営業法に基づき営業しておりますが、インターネットでのアマゾンギフト券買取というのは実際に目には見えない相手に換金性の高いギフトコードを送るという、信頼できなければ決して利用してはいけないリスクのある方法といえます。
目には見えない相手と取引をするので、詐欺被害を受けそのまま逃げられてしまうといったこともあるかもしれません。
アマゾンギフト券買取をする際の注意点をしっかりと理解しておきましょう。

 

ギフト券買取サイトの古物商の許可

アマゾンギフト券の注意点
アマゾンギフト券の買い取りというサービスは金券ショップやリサイクルショップなどと同じ、中古品の買い取りを業務とするサービスになります。
その場合、公安委員会から古物営業法を許可を取得しホームページに表記しなければなりません。
ほとんどのアマゾンギフト買取サイトでは会社概要や古物営業法に基づく表記のページに記載されておりますが、中には表記のない業者というのも存在します。
中古品の買取を業務とする場合、古物商の許可番号の表記が義務付けられておりますので表記のない業者というのは法律に違反している可能性がありますので注意しなければなりません。
それと公安委員会の表記がある業者の中にも架空の許可番号他の業者の許可番号を無断で使用しているケースもありますので、怪しい業者の許可番号を確認する場合は各都道府県の警察のホームページで調べることができます。
調べることは簡単なことなので、面倒くさがらず確かめておいたほうがいいでしょう。

 

買取率の変動

アマゾンギフト券の注意点
アマゾンギフト券を換金する時の買取率というのは電子マネー型の金券類になるため商品券などのように高いパーセンテージで換金することが可能な商品です。
ギフト券買取サイトでもほとんどが80%前後での買い取りをできる内容となっております。
健全に営業している買取りサイトではホームページの表記通りの割合で換金することができるのですが、悪質な業者の場合は「在庫状況により買い取る割合が変動する」という一方的な理由から利率を大幅に下げる業者というのも存在しています。
ブランド品や貴金属などの買い取りというのは日々価格が変動するのが常識なのですが、現在のアマゾンギフト券の流通量はかなりの数があり市場は安定していますので、大幅な価格変動というのは起こることはありません。
5%以内であればあり得ることですが、アマゾンギフト券の相場より10%以上低く数値を提示された場合は注意が必要です。
悪徳業者が利益を上げるための明らかな口実なのですが、そういった状況になってしまった場合はっきりとキャンセルしましょう。

 

入金にかかる時間

アマゾンギフト券の注意点
どこの業者も最短10分と書かれておりますが、そのほとんどは嘘だと思っておいてください。
冷静に考えれば解ることですが、

  1. 申し込みを受け付け
  2. 本人確認
  3. アマゾンギフト券を発行し転送
  4. 入金

という流れの手続きが5分や10分で終わる訳がありません。
ここでいう最短10分というのは、最速でという意味なので10分で取引を完了させることはできません。
アマゾンギフト券買取は現金化の中でも早く取引が終わらせることができるサービスではありますが、平均にして1時間ほどを目安として考えておいたほうがよいでしょう。
また、24時間営業や土日祝対応というのにも条件がありますので、誰でも受けられるわけではありません。
勘違いをしてしまわないように気を付けてください。

 

無茶な買取率交渉はNG

アマゾンギフト券の注意点
アマゾンギフト券買取は業者によって買取率が変わるため、交渉という手段があります。
交渉が上手くいけば買取率を大幅にUPさせることも不可能ではないでしょう。
しかし、あまりに無茶な交渉を続けてしまえば取引を拒否されてしまうこともあります。
よく勘違いされていることなのですが業者の利益とは、例え買取率80%で取引をしていたからといって業者の取り分が20%というわけではないのです。
買取業者も利用者から購入したアマゾンギフト券を現金に換える必要がありますので、独自のルートを持って売却をしています。
その独自のルートの相場は噂によれば96%ほどと言われています。
また、ここから残った16%で各種手数料を捻出しなければなりません。
その後、従業員の給料を支払わなければならないのです。
そう考えれば、アマゾンギフト券買取業者は本当に薄利多売なサービスだと言えます。
そんな時に、無茶な交渉をすれば買取業者としても取引することはできないでしょう。
買取率を上げるために交渉をしているのに、取引が出来なくなってしまえば本末転倒となってしまいます。
理想を追い求めることは大事なことですが、無理な理想に拘りすぎるのはマイナスとなってしまいますよ。

サイト更新日/2017/09/29